ジェブラコフスキー大使からドヴォジャークの会発足によせて
ドヴォジャークの生涯-関根日出男

ドヴォジャークの会 第2回
【プログラム】
スーク: 「ラドゥースとマフレナ」より
ドヴォジャーク: シルエット第12番 op.8
ドヴォジャーク: ユーモレスク第7番 op.101
マルティヌー: 7つのアラベスク(リズム練習曲)
ベートーヴェン: ヴァイオリンとピアノのソナタ第7番 op.30-2
ドヴォジャーク: ロマンス op.11
ドヴォジャーク: マズレック op.49

ヴァイオリン: 山崎千晶
現ピルゼン・シンフォニー・オーケストラ コンサート・マスター
桐朋音楽大学卒業、HAMU音楽学部卒業

ピアノ: ヴァーツラフ・マーハ
20才でHAMU音楽学部卒業
チェコの最も優れたソリスト、室内楽奏者の一人
「1999年ビロード革命10周年芸術祭」「Young Praha in Tokyo」に招待

日時: 2007年4月5日 19:00開演
会場: チェコ共和国大使館 レセプションホール

 曲目解説(アンコール曲解説追加) 関根日出男



 

(c)Japan Czech Friendship Association 2005-2007 All rights reserved.